ホーム


‘重版’ タグのついている投稿


満員御礼!

ご参加ありがとうございます♪

残席あり!
飛び込みOK!

お問い合わせは09018582791(西澤)まで!

==============

ベストセラー著者と
ベストセラー編集者は
どんな「想い」で
本をつくりあげているのか?
作品の裏側に秘められた
素顔の熱い叫びをお届けします!

「出版してベストセラーを書きたい!」
という著者の方やその予備軍の方にも、

「このおもしろい本の裏側はどうなっているの?」
という興味を抱いた読者の方にも、

「なるほどね!」
と唸ったり膝を叩いていただける講演会です。

出版不況のせいにせず、着実にアウトプットを積み
上げている人たちのライブならではのトークから、
出版に限らず、仕事や人生で活かせる熱い何か

ひとつでもふたつでも感じ取って持ち帰って
いただきたいと思います!

プログラム&出演者

第1部 田口智隆 (著者)

田口さんは、2009年に最初の著作『28歳貯金ゼロから
考えるお金のこと』を発表以来、『11歳のバフェット
が教えてくれる「経済」の授業』、『お金の不安が
消えるノート』などお金に関する本を約3年の間に
9冊発表し、2012年も新刊発売が予定されている、
執筆依頼が絶えない人気著者です。
では、そもそもどのような経緯で田口さんは著者としての
デビューに至ったのでしょうか?
また、本が売れない時代に、著者の立場から売るための
施策をどのような行なったのでしょうか?
新たな執筆依頼から新刊がいかにして仕上がってゆくのか、
増刷について、部数について、講演について、
本業との兼ね合いについて…他、田口さんの普段の
講演・セミナーでは聴けない話がもりだくさん。
そして何より、田口さんが著者として、ひとりの人間として、
出版を通じて何を訴えてゆきたいのか?
その想いをぜひお聴きください。

第2部 竹村俊介(星海社新書 編集者)


2011年9月に立ち上がるや、『武器としての決断思考
(瀧本哲史)、『「やめること」からはじめなさい』(千田琢哉)
など、強烈なインパクトの作品を送り出してはことごとく増刷
するヒット作にしてしまう星海社新書は、現在最も勢いある新書です。
そして、編集部の強力な懐刀的存在であり、自らもソーシャル
メディアなどを通じて前向きなメッセージを発信しまくっている
のが竹村俊介さんです。
編集者としては、既に中経出版において『たった1分
人生が変わる片づけの習慣』(小松易/32万部)、
いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法
佐々木正悟/4.7万部)、『28歳貯金ゼロから考えるお金
のこと』(田口智隆/4.7万部)といった実績がありながら、
敢えて新しいプロジェクトに参画したのはなぜなのか?
今、ノッている編集者が何を考え、何を感じながら、何を訴えよう
としているのか、その熱さに触れてください!

第3部 質疑応答
ひとつの質問に対して著者からも編集者からも意見や
回答をもらうことが可能な質疑応答です。
貴重な機会ですので、ぜひ奮ってご発言くださいませ!

**************************

田口智隆(たぐち ともたか)プロフィール
1972年埼玉県生まれ。
株式会社ファイナンシャルインディペンデンス代表取締役。
リボ払い・キャッシングなどで自己破産寸前まで膨らんだ
借金を、徹底した節約と資産運用によりわずか数年で完済。
その後は「収入の複線化」「コア・サテライト投資」で資産を
拡大し、34歳でお金に不自由しない状態である「お金の
ストレスフリー」を実現。
現在は、お金の大切さを多くの人に伝えるべく、個別相談、
講演・セミナー、執筆活動を積極的に行っている。
■著書
28歳貯金ゼロから考えるお金のこと』(中経出版)
「いそがない資産運用」のススメ』(秀和システム)
11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業』(フォレスト出版)
1億円が貯まる人の「24の成功ルール」』(宝島社)
お金が貯まらない人の悪い習慣39 』(マガジンハウス)
年収200万円からの「お金と人生を真剣に考える」講義』(明日香出版)
お金の不安が消えるノート』(フォレスト出版)
お金を生み出す”朝30分”の習慣』(大和出版)
「なぜかお金が貯まる人」がやっていること 』(廣済堂出版)

竹村俊介(たけむら しゅんすけ)プロフィール
1980年岐阜県生まれ。編集者。
日本実業出版社で書店営業とPRを経験した後、
中経出版で編集者としてのキャリアを開始。
それ以降、生涯重版率9割という圧倒的な実績を
叩き出している(一般的な重版率は15%程度)。
2011年よりフリーとなり、星海社新書の立ち上げに参画。
さっそく『「やめること」からはじめなさい』(千田琢哉
など切れ味鋭い作品を送り出している。
モットーは、書店営業経験を活かしたマーケティング
視点での本づくり、目的を持った本づくり。
座右の銘は「売れない本ならバカでも作れる」。
■主な担当作品
たった1分で人生が変わる片づけの習慣』(小松易)
いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法』(佐々木正悟
28歳貯金ゼロから考えるお金のこと』(田口智隆
人生が変わる哲学の教室』(小川仁志)
頭がよくなる魔法の速習法』(園 善博)
えいごのつぼ』(関谷英里子)
今日からできる上手な話し方 』(臼井由妃)
はじめてリーダーになる人の教科書』(柴田 陽子)
他、重版作品多数

★こんな方におすすめ!
・出版したいと思っている
・編集者になりたいと思っている
・出版に携わる仕事をしたいと思っている
・ベストセラーの裏側を知りたい
・著者や編集者の本音が聴きたい
・本が好きだ
・熱い想いを持って仕事をしている人に触れたい
・仕事や人生に対するモチベーションを上げたい

★イベント概要
ビジネス書・ベストセラーの裏側研究会 vol.0
~著者・編集者の本音を聴く~
■2012年2月18日(土)
■17時30分開演(17時00分開場)
※21時ごろ終演予定
■料金:5,000

(当日受付でお支払いください)
■会場:貸教室・貸会議室 内海
東京都千代田区三崎町3-6-15 東京学院ビル
JR水道橋駅下車徒歩1分
西口の改札を左に出る
→正面の横断歩道を渡る
→2軒のパチンコ屋(GOLDON、みとや)の間の道に入る
→左手のルノアールを左折して4軒目(東京学院の看板が目印)

会場地図PDFファイルこちら



お申込みはこちらから!


▲ ページの先頭に移動


満員御礼!!

ありがとうございます♪

================
今年の目標達成がまだならば、当然全力投球の12月
ですが、一方で来年のことも視野に入れねばなりま
せん。

今年もダメだった人ほどに、
来年こそは
と強く思うに違いありません。

2011年。

すべてが報われたような、うれし涙、流しましたか?

力が及ばず、くやし涙、流しましたか?

それとも早々あきらめて、口あけて鼻汁たらしてますか?

よい結果につけ、悪い結果につけ、2012年は間もなく
やってきます

驚くほどのスピードでやってきます。

ぜひこの機会に、2012年の飛躍のためのエッセンス
を仕入れておきましょう♪

講師は、世相にめげずに今年も好調をキープした
御三方。

まず「人生逆転」といえば、欠かせない大鉄板・
栢野克己さんが福岡から参戦。

就職失敗・転職失敗・起業失敗・婚約破棄・自殺未遂
・鬱・連帯保証借金1億…

あらゆる失敗と危機を克服し、天職の発見に至った
栢野さんからのメッセージは常に熱いです。

それでいてモチベーションを上げて終わりでなく、
経営のための具体的な戦略も授けてくれます。

続いて、3・11で直接被災した東北・仙台からは、
「ぶっちゃけ税理士」岩松正記さんが参戦。

岩松さん自身の命こそ無事でしたが、自宅を建て
直すほどの被害をうけました。

にも関わらず、弱音を吐かず、常に前向きな発言しか
出てこない岩松さんからのメッセージも熱いです。

地域経済への貢献をミッションに、地元の経営者層
とのグリップも強い岩松さんからは、マスコミが
報道しないような、現地のポジティブな様子も聞ける
ことでしょう。

さらに、大阪からは、経営に欠かせないリピーター
づくりの才人・一圓克彦さんが参戦。

昨年、講師・コンサル界隈に登場するや、著書デビュー
作がいきなりアマゾンで1位。

さらには講師としても開眼し、年間150本の講演・
研修で全国を飛びまわり、TSUTAYA主催の講師の大会
では準優勝を果たすなど
今、最も熱いメッセージを発している講師です。

一圓さんからは、その勢いと引っ張りだこぶりの秘訣
を学んでいただけるはずです。

過激講師陣の紹介

栢野克己(かやの かつみ) プロフィール

1958年福岡県出身。
通称“コンサル界のブルース・リー”。
日本一過激な経営・人生講演家・コンサル・作家。
裁判や内容証明も多数。
ランチェスター経営戦略×夢やる気・成功哲学を駆使し、
日本とアジアで年100回以上講演。
著書4冊は累計17万部で中小企業向け経営本のベストセラー。
“92年から「ベンチャー大学」「経営人生計画セミナー」
などのセミナー・交流会・勉強会を累計1000回以上継続開催。
人生成功の法則<夢×戦×感>で弱者(小企業・起業目指す人)の
人生逆転を応援。
2006~2007年にかけて家族で世界一周の旅へを実現。
■著書
・「小さな会社★儲けのルール」(フォレスト出版)
・「逆転バカ社長:天職発見の人生マニュアル」(石風社)
・「逆転バカ社長:天職発見の人生マニュアル」(経済界)
・「弱者の戦略」(経済界)
・「やずやの秘密」(経済界)
■マスコミ掲載
アントレ、日本経済新聞、朝日新聞、毎日新聞、
中日新聞、西日本新聞、納税新聞 ほか

岩松正記(いわまつ まさき) プロフィール

1967年宮城県出身。
通称“ぶっちゃけ税理士”。
山一證券の営業マン、地元有名企業での財務・マーケ
ティング・経営企画、ベンチャー企業での上場準備担当
役員を経験し、2004年に独立し、起業専門税理士として
中小企業を支援。
政府系起業支援団体のアドバイザーとして指名数東北・
北海道ナンバーワン(全国3位・起業相談部門)になり、
また、これまで相談を受けた経営者は2000人を超えている。
元査察の税理士に仕えていたため、税の世界の裏事情
にも詳しい。
■著書
・『経営のやってはいけない!』(クロスメディア・パブリッシング)
・『個人事業、フリーランス、副業サラリーマンのための
「個人か? 会社か?」 から申告・節税まで、「ソン・トク」
の本音ぶっちゃけます。』(ダイヤモンド社)
・『社長脳を鍛える! 』(あさ出版)
ほか
■マスコミ掲載・出演
日本経済新聞 、BIG tomorrow、仙台経済界、河北新報
TOKYO FM「クロノス」など

一圓 克彦(いちえん かつひこ)プロフィール

1975年大阪生まれ。
リピーター創出専門コンサルタント。
通称“リピーター・ファン作りで財布と心を元気にするオトコ”。
大小7業種の企業経営を経験。
年商160億円の企業を3年で220億円・利益率も4倍に成長
させるなどの実績を残す。
「究極のビジネスは価値を認めてくれるお客様にリピーター
になって頂く事!」をモットーに「脱!安売り」の伝道者として
日本中を駆け回る。
2010年発表の著書「0円で8割をリピーターにする集客術」は
発売開始後わずか5時間でAmazon総合1位を獲得。
2011年のTSUTAYAビジネスカレッジ講師オーディション
では激戦を勝ち抜き準優勝。
■著書
「0円で8割をリピーターにする集客術」(あさ出版)
■マスコミ掲載
アントレ、The21、日刊工業新聞、夕刊フジ、月刊戦略経営者
月刊商業界、月刊近代中小企業、カフェ&レストラン など

===================
元気とやる気の出る熱い話、そしてブレイクのため
の戦略・戦術・事例の話を、3人の講師から聴くと
なれば、

「忘年会やらクリスマスやら正月準備やらで出費
ばかり…ボーナスもないし…」
と、懐事情の心配が伴いそうなものです。

ですが、その必要はまったくありません。

諭吉は不要。
野口英世の印刷された紙幣1枚で、しっかり学んで
いただけます。

社会貢献であるとか大義名分はありません。
高額なバックエンド商材もありません。
講師陣の厚意と主催者のノリだけです。

今は大金を持っていなくても、熱い気持ちを持った人
たちが大勢集まって、来年の飛躍を誓い合いエールを
交換できるような場になれば、と考えております。

お時間とご予算が許す方は、その後忘年会がてら講師も
交えて飲みに行きましょう。

それくらい、熱いけれども気楽な会です。

お申込みはこちらから!

今回学んでいただけること(予定)
・古今東西+最新成功事例100連発
・本やブログやツイッターやフェイスブックに書けない話
・ユーストリームやユーチューブでは話せない話
・経営人生計画の立て方
・経営におけるやってはいけないこと
・まともな人脈の作り方
・あなたのファンを作る方法
・ソーシャルメディアはこうやって使ったほうがいい
・マスコミが伝えてくれない被災地の前向き話
・リピーターの作り方
・草食系が起業する方法
・出版する方法+重版する方法
・講師・コンサルになり講演に呼ばれる方法
・ランチェスター戦略
・節税について
・インチキ・悪徳系ブッタ斬り
・チラシ・アンケート・日報他ツール情報
・スティーブ・ジョブス・フォーエヴァー
※進行状況・参加者属性などにより変更の場合あり

こんな方におすすめ
■2011年のダメだったが2012年はブレイクしたい!
■中小零細起業家・経営者
■将来起業したい起業家予備軍
■個人事業主
■フリーランス
■自営業
■自由業
■一人親方
■副業・複業
■自宅警備から就職以外の方法で脱出したい
など

イベント概要
『年末★人生逆転まつり』
〜2012年こそブレイクしたい人向け大講演会〜
■2011年12月10日(土)
■12時30分開演(12時00分開場)
17時00分終演予定
■料金:【年末仰天料金】1000
(当日受付でお支払いください)
■会場:貸教室・貸会議室 内海
東京都千代田区三崎町3-6-15 東京学院ビル
JR水道橋駅下車徒歩1分
西口の改札を左に出る
→正面の横断歩道を渡る
→2軒のパチンコ屋(GOLDON、みとや)の間の道に入る
→左手のルノアールを左折して4軒目(東京学院の看板が目印)

会場地図PDFファイルこちら

お申込みはこちらから!


▲ ページの先頭に移動